マイナス査定の要因になり得るものとして、走行距

マイナス査定の要因になり得るものとして、走行距

マイナス査定の要因になり得るものとして、走行距離が平均して1年で1万キロを超えている、車色が好まれない、外観のキズ、汚れがある、装備品に不備がある、車内のニオイなどがあります。さらに、車体に修理をしたことがある場合も下取り額に差が出る原因となります。 (さらに…)

車を売却する際に販売店との間で起こるかもしれないト

車を売却する際に販売店との間で起こるかもしれないト

を売却する際に販売店との間で起こるかもしれないトラブルには幾つか存在しますが、その中にはとても悪質なものも存在します。
一例を挙げると、業者が見積もりを出して車を引き取った後から、再度チェックしたら問題が出てきたとかなり売却額を引き下げられることもあるのです。 (さらに…)

車の査定を依頼する際、その時期や依頼する業者

車の査定を依頼する際、その時期や依頼する業者

車の査定を依頼する際、その時期や依頼する業者により数十万円の価格差がついてしまうこともあります。

日頃から車の中の手入れや傷、凹みを付けないように気をつけることももちろんですが、ちょっとでも高く買い取ってもらうコツは、いくつかの買取業者に依頼した上で、その価格を比較検討することです。 (さらに…)

自動車を買取専門店などに出す場合、査定項目の中

自動車を買取専門店などに出す場合、査定項目の中

自動車を買取専門店などに出す場合、査定項目の中にはタイヤの溝の残り具合もチェックするようになっているので、減っていれば減点されてしまいます。
溝が減っていると減点対象ですが、売るときに新しくタイヤを変えたとしてもかかった費用以上の上乗せは見込めないので、タイヤを新品に変えても意味がありません。 (さらに…)